介護師になるために必要な資格を取ろう|必要とされる仕事

子供好きなら転職になる

保育士と子供

何歳からでも挑戦できる

子供好きな人なら憧れる職業として幼稚園や学校の先生、または保育士は必ず挙がる職業ですね。とは言え、社会人として一般企業に勤めてからやっぱり子供に関わる仕事がしたいと思ったり結婚して子育てが一段落してから何か資格を取りたいと思う方も多く、そんな時にでも遅くないのが保育士の資格です。保育士資格は大学や専門学校に通わなくても年に一度実施させる試験に合格さえすれば取得可能な資格なのです。受験資格は短期大学卒業以上であったり、いくつか制限がありますので保育士協会のホームページ等でよく確認なさってから挑戦されることをお奨めします。保育士試験の難易度はといいますと毎年数パーセントと決して簡単ではありません。ですが全ての科目を一度に合格する必要はなく三年以内に全科目合格すれば総合格が認められるので、始めから勉強する範囲を三等分して三年かけて独学で挑むという方法を取る人もいます。自信がある方でしたら一度で全てに合格することも夢ではありません。運良く全ての筆記試験に合格すれば、すぐに実技試験が行われます。ここでは図画工作・絵本読み聞かせ・ピアノ弾き歌いの中から二科目を自分で選択できます。どれも事前に課題が与えられていますので難易度は高くありませんし、例えばピアニストのようなテクニックを求められる訳でも画家のような絵を描けなければ合格できない訳ではありませんので学校に通わなくても練習すれば必ず合格ラインまで到達できることでしょう。もちろん学校に通って保育園できちんと実習を行って資格取得したいという方もたくさんおられます。